キッズクラブ
Kids club
横田歯科小児

過去記事はコチラから⇒

~健康な歯をつくろう~

基本となる正しい食べ方を習得するのは大体、生まれてから3歳までの時期です。それまでに食べ方の悪い癖が身についてしまうと、その後、改善するのは容易ではありません。

ですから、3歳までにしっかりと噛み方、飲み方の基本をつくる事が大切です。

 

1.口を開けたまま「べちゃべちゃ」「くちゃくちゃ」と音をたてて食べる

2.弄舌(舌先で歯の裏側を押したり、歯の隙間に挿入したりする癖)になる

3.よく噛まずに飲み込んでしまう、またはなかなか飲み込めない

4.噛み合わせ、歯並びの悪化。また、虫歯や歯周病になりやすい

 

 

 

「基本がマスターできていないと...」

 

正しい飲み込み方における重要なポイント

 

1.    口唇が閉じていること


2.    舌を口蓋に吸い付ける力があること


3.    下顎が固定されていること

 

 

 

悪い飲み込み方の特徴

 

1. 前傾して舌が前に出ること

2. 口を開けて噛むこと(くちゃくちゃ音がする)

3. 舌が口蓋につかない、口元が緊張していること

 

 

 

一度、歯医者さんで虫歯のチェックだけでなく、口腔機能のチェックもしてもらってみてはいかがでしょうか

 

 

 

過去記事はコチラから⇒